武田信玄|戦国最強の甲斐の虎Ⅰ

  • 武将列伝トップ
武田信玄武田信玄

(1521~1573年)戦国時代の武将、甲斐の戦国大名。戦国時代、信玄率いる武田軍は、天下一の軍団として恐れられ、好敵手の上杉謙信と5度に渡る川中島の戦いを繰り広げる。

中国の戦術論の最高峰である「風林火山」(疾きこと風の如く、徐かなること林の如く、侵掠すること火の如く、動かざること山の如し)を旗印に使用し、当時の武将の中でも実践的な理論を収めていた。

当時の戦国武将の中でも指折りの戦上手であったが、信玄はまた治世において、戦闘以外の才覚も発揮し政治の面でも高い評価を得た武将でもある。その将来を見据えたビジョンを備え、最強の武田の軍を率いる信玄は、数多くの逸話を残している。...続く

武将列伝トップ